スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクの注油とグリスアップ

洗車とセットで行いたい作業が注油とグリスアップ。
バイクの稼動部には必ず潤滑油が使用されており、洗車で流れてしまうと動きが悪くなったり錆の原因となる。
チェーンやワイヤーはもちろん、レバーやペダルのつけ根も忘れずに油を注す!

08050307.jpg

クラッチレバーホルダーと固定用ボトルの隙間にスプレー。

08050308.jpg

フロントブレーキレバーを固定するボトル付近にもスプレー。

08050309.jpg

サイドスタンドのピボット部にもスプレー。
潤滑剤にもイロイロあります。
万能タイプのスプレーやワイヤーグリス、チェーンオイル、固形タイプのもの。
全部揃えてもいいんですが、値段も相当かかります。

ウチは、注油にチェーンオイルを使用してます。
チェーンオイル粘着性が強く飛散しにくいうえに防水性にも優れてます!
まさに、パーフェクト!とあるバイク屋さんに教えてもらいました。
購入する際は、ノイズの細いヤツが細かいところまで届くので便利です。

08050310.jpg

シフトペダルのピボットにもスプレーし、スムーズなシフトチェンジ。

08050311.jpg

リアブレーキペダルのピボットにもスプレー。

08050312.jpg

ステップの稼動部分にも忘れずスプレー。
溢れたオイルは、ウエスで拭き取りましょう。

08050313.jpg

フロントフォークのダストシールにシリコーングリースを塗るとゴムの劣化をおさえることができます。
ただ、ゴミや埃が付着しやすくなりますが。。
 ⇒オイル交換編へ続
関連記事

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

xt250x
記事+コメント
カテゴリー
プロフィール

マコ

Author:マコ
Living:鹿児島

バイクと楽しく遊ぶ!
このブログをリンクに追加する

リンク
相互リンクのページ

トラックバックリスト
ブログ検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。