スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨のなか、走ったどー

朝は、曇だったので元気よくXTで出勤!
天気予報では、午後から雨と言っていたんですが
「最近の天気予報は当てにならん」と高を括ってました。

外は大粒の雨に雷の光攻撃!
見事に自分の期待ははずれ、天気予報言ったとおりになりました。
「たまには当たらんとなぁ」なんて強がりながら、外をしばらくガラス越しに眺めていた。

職場には、駐輪場があるのでそのままバイクを置いて、交通機関を利用して帰ろうかと迷っていた。
「やっぱり・・」
XTを置いて帰るのは忍びない。
バックのなかに準備していたカッパを徐に取り出し、何かに挑むような感じで準備を始めた。

余談ですが、記事書き込み終了手前にて記事を誤って消去(驚
消去というか、プレビューで確認したら跡形もなく消えてた。。
なので、文章が少々雑かもしれません。

Bikeランキングへ
ジャキーン!!
カッパを着用し、いざ出陣!(どこに?)
容赦なく降り注ぐ雨のなかを、駐輪所に向かった。

こけないで帰るだろうか?
「こけたら、ブログのいいネタになるな」と思いながらエンジンをかけて3分暖機。
よしっ!

駐輪場をバイクで飛び出したばっかりのところで
「ビシャー!?」
大きな水溜りにとっこんだ。。

水しぶきは、見事にスニーカーのなかを汚染。
スクーターのときは、ステップに綺麗に足を乗せてたら濡れなかったから、やっぱ驚いた。
そして、走行中も足から濡れたイヤーな感触がビンビン伝わってきた。

「防水の靴・・」ほしくなった。
「防水のグローブ・・」あったら便利。
「でも、雨の日にバイクに乗ることって少ないからなぁ」と反論もあり。

防水グッズ、ライダーのみなさんは、揃えてらっしゃるんでしょうか?
あったら便利だけど、使う機会も限られるし。。
結構な値がしますもんね。

何とか無事に家路に着き、ぐっしょりなった靴下を絞る姿が。
やっぱり濡れたマンホール、怖いっす!
相互リンク募集

ODO 813

関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

漫画「キリン」(作・東本昌平)はバイク乗りのバイブルと呼ばれている漫画です。
機会があれば読んでみて下さい。

雨についてですが(少々長いかも)

私。一応レイングッツは一揃え持ってます。


防水グローブ
レインウェア
ブーツカバー


でも今だに防水機能に満足いくグローブには出会えてません。なので近々グローブカバーを買おうと思っています。
大きな声では言えませんが「イ●ロー●ーン」社の防水はアテになりません。
でも今は夏だからフツーのメッシュグローブです。
(濡れても寒くないし)
あと以外と釣具屋のレインウェアは安くて高性能です。なかなか使えます。


靴は間に合わせなら靴の流通センターに売ってる防水仕様のトレッキングシューズとかが5000円位で手に入ります。一時間位の乗車ならこの程度で雨は防げます。
それ以上になるとやはりブーツカバーをお勧めします。
私は仕事の都合上「安全靴」(←コレも少々の雨なら平気)


あとはライディングですが、無理をしないのが一番です。
マイペースを維持してください。
何かのバイク雑誌に載っていたのですが
「恐怖は最高のセンサー」
「臆病者こそ真の勇者なり」


と、レーサーの方が言われていました。


なんだか「家に帰り着くまでが遠足です」

みてーだな。そしてコメントがなんだか説教がましくてスマソン。

昨日の雨はスゴかったですよね!!
夜なんて、外光りまくり。。。
雨も雷もコワかったぁ!
そんな中、バイクで帰ったんですか??
大丈夫でした?

ヒガキさん、毎度です!
>漫画「キリン」(作・東本昌平)はバイク乗りのバイブルと呼ばれている漫画です。
探して読んでみます!漫画でイロイロ学ぶのもいいかもしれませんね。

>雨についてですが(少々長いかも)
痒いところまで届きそうなコメントありがとうございます。
実は・・、「イ●ロー●ーン」のウェア買おうかなぁと思ってました。
実際、着用して試したほうがいいのでしょうが、はずれ物だったとき金欠の自分には買いなおしなんて通用しないので、助かりました。

>靴は間に合わせなら靴の流通センターに売ってる防水仕様のトレッキングシューズとかが5000円位で手に入ります。
なるほど!トレッキングシューズですか。
雨靴履いて運転しようか悩んでました(笑

>あとはライディングですが、無理をしないのが一番です。
ですね!
最近、少し自信が付いてきて無理な運転したりしようとしてましたから。。

>そしてコメントがなんだか説教がましくてスマソン。
んなことありませんよ!
素直に受け止めてますから(笑

なちさん、初コメントありがとう♪

>昨日の雨はスゴかったですよね!!
ただ、雨のなか帰るだけのことなんですが、状況を記事にしてしまいました。
無事ですよ!
今日もバイクに乗ってました。

こっちも!

>余談ですが、記事書き込み終了手前にて記事を誤って消去(驚
消去というか、プレビューで確認したら跡形もなく消えてた。。
なので、文章が少々雑かもしれません。

私も度々やりますが、気合入れて書いた文章だったりすると、もう、がっくし_| ̄|○ですよね~。覚えてるうちに急いで書いちゃえば良いんですけど、途端にヤル気なくしますよね・・(^-^;)

>「こけたら、ブログのいいネタになるな」と思いながらエンジンをかけて3分暖機。

あはは≧(´▽`)≦すごーい!すっかりブロガーですネ☆彡
(その気持ち、よくわかります(^^ゞ)

>そして、走行中も足から濡れたイヤーな感触がビンビン伝わってきた。

そうそう!靴がぐちゅぐちゅ言ってます(^-^;)
以下、以前人様のブログに書き込んだコメント、貼ってみました↓

免許取立ての頃(まだ残暑厳しい季節でした)、ふらっとお出かけする感覚で手ぶらで富士山麓まで出掛けた帰りに大雨に降られ、全身から水をしたたらせながら必死で帰って来た事がありました。
スコールの中、しかも道間違えたりして真っ暗な闇の中をびしょびしょになりながらやっとの思いで幹線道路に辿り着き、濡れネズミ状態でファミレスに駆け込んだ時は、「日本昔話」で、旅人が山奥にやっと明かりを見つけたような感じでしたねぇ(^-^;)。そこでしばし休憩ましたが、夏なのに凍死しそうなぐらい寒くてガタガタ震えてました。雨合羽や着替えなんかも持っていなくて、コンビニで雨合羽を調達しましたが、すでにずぶ濡れだったのでそれでも寒くて死にそうでした。周りの車なんか、何て事ないように走行してるのを見て恨めしく思った記憶があります(^-^;)
あの時は、本当に「あぁ、山で遭難すると、こうなるんだろうなぁ・・」なんて思ったりして、命からがら帰って来たという感じでしたが、改めて「バイクって本当に自然と一体なんだなぁ」と感じました。日光の影響も雨の影響も風の影響もモロに受けるバイクって、結構過酷ですよね(ある意味サバイバルだ)。またそこが良い所でもあったりするわけですが、雨の日は、屋根がついててエアコン効いてて、音楽なんかも聴けるが羨ましいと感じたりもする、軟弱ライダーです
(以後、バイク用の丈夫な雨合羽を購入し、どんなに晴れていようが必ず持ち歩くようになりました何てったって雨女ですし・・)

そんなワケで、合羽は非常に重宝してます。でも私も靴とカバンは防水じゃないので、靴とカバンは欲しいです!!バッグにいちいちビニール袋かぶせたり(^-^;)するの面倒だし・・。

87さん、女性とは思えないような体験談とうこうありがとうございます。
普通の女性なら、コレをきっかけにバイクを降りるもしくは、ツーリングは、もう行かないなんて思う人がほとんどなのではないでしょうか。

>改めて「バイクって本当に自然と一体なんだなぁ」と感じました。
同感です。
自然と接する機会が少なくなった、今の時代だからこそ「自然と接したい」なんて思うんでしょうね。
xt250x
記事+コメント
カテゴリー
プロフィール

マコ

Author:マコ
Living:鹿児島

バイクと楽しく遊ぶ!
このブログをリンクに追加する

リンク
相互リンクのページ

トラックバックリスト
ブログ検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。