スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャブのオーバーフロー?

夕方、ご機嫌よくCRMで近所をツーリングしようと思って出発!
しばらくも走らないところで、ボボッとエンジンストップ。
キックで再始動して、下り坂に入る。

下り中も、キックゆっくりクラッチつなげるなど試みたけどエンジンかからず。
交差点の歩道にバイクを停車して、プラグ点検。
プラグの先は、黒く塗れてました。

IMG_1374s.jpg

こういう時に限って、携帯も予備のプラグも持っていない始末。
近くのショップの人に電話借りて、相方に連絡してプラグを持ってきてもらいました。
プラグ交換して、これでいけるだろうとキック!
エンジンかかりきれません。
なぜ?
当初、プラグがかぶったのだろうとばかり思ってましたが、無い頭で考えても答えでず。

バイクを押しては、キック。
しばらく押してキック。の繰り返し。
120kgのバイクを押して上る長い坂道は思ってた以上に苦しいでした。

バイク屋に連絡して、オーバーフローかなぁということで、対応策を教えてもらい実行。
燃料コックをオフにして、プラグをはずして数回キック。
プラグ装着して、ひたすらキック!
エンジンが、かかりそうだけどかからない状況が続き、燃料コックをオンにしてトライ!

全身汗だくで、久しぶりに苦しさを味わいました。
再度、バイク屋に連絡入れて取りに来ていただきました。
バイクは違うけど、今回でレッカーされるの2度目になります。

整備にも力を入れているだけに、自分の力の無さに少しガッカリしました。
で、次の日に連絡があり、トラブルの原因が分かりました。
しょうもないことがキッカケだったので、次回の記事にでも。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先を読まずに原因を断定してみる。
プラグキャップかコードの劣化によりリークして失火と言うことでどうでしょうか?

昔NZ250Sに乗っている頃雨をフロントタイヤが巻き上げてシリンダヘッドのプラグのくぼみに入り込み、キャップからリークして止まったことがあります。原因が分かってからはシリコンコーキングでキャップの継ぎ目を固めることでトラブルはなくなりました。

No title

プラグコードの劣化でファイナルアンサー?
以前にのっていたCRM50はしばらく乗らないと
キック、20回は必要でしたね、一度かかると
その後しばらくは1発で始動していました。

答え

匿名でひとつサン、cyberkontaサン答えの記事みて笑ってくださいw
xt250x
記事+コメント
カテゴリー
プロフィール

マコ

Author:マコ
Living:鹿児島

バイクと楽しく遊ぶ!
このブログをリンクに追加する

リンク
相互リンクのページ

トラックバックリスト
ブログ検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。