スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島常楽院 妙音十二楽

IMG_0861.jpg

縁あり中島常楽院にて、妙音十二楽へ見学に行きました。
最近、鹿児島の歴史に興味をもつようになってから吹上に足を運ぶ機会が増えたような気がします。
それだけ、吹上には魅力のある歴史や文化があるんでしょうね。

IMG_0849.jpg

妙音十二楽は、琵琶、笛、太鼓、手拍子、妙鉢、銅鑼、大法螺、小法螺の種の楽器で合奏する古典音楽。
かつては南九州各地で盲僧たちによって演奏されていましたが、現在は10月12日に中島常樂院で行われるだけになっているようです。

IMG_0854.jpg

十二楽には「松風」「村雨」「杉の森」「軒の水」「五調子」「忘れ撥」「七つ撥」「六調子」「盤渉」「鳳の声」「後生楽」の十二曲。
曲の違いは主として、笛の調べに最も特徴が表れているということです。



生で聴いたほうが断然いいです!
毎年10月12日13時から法要のあとに薩摩琵琶弾奏があります。
場所は鹿児島県日置市吹上町田尻にある中島常楽院

IMG_0852.jpg

あっ、カマキリ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

xt250x
記事+コメント
カテゴリー
プロフィール

マコ

Author:マコ
Living:鹿児島

バイクと楽しく遊ぶ!
このブログをリンクに追加する

リンク
相互リンクのページ

トラックバックリスト
ブログ検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。